セキセイインコの飼い方

セキセイインコの色の種類や性格、飼い方などセキセイインコについて幅広くご紹介します。

セキセイインコのビタミン不足、症状と対策法は?

セキセイインコがビタミン不足になると、どのような症状が現れるのでしょうか。セキセイインコの中には、ビタミンが不足しやすい体質の子や、野菜嫌いなセキセイインコもいますよね。

なので、セキセイインコが野菜を食べてくれるように、あるいは野菜以外でビタミンを補強しなければなりません。

セキセイインコがビタミン不足になると、脚気などの病気が現れてしまうこともあります。ぐったりしていたり、足を引きずるような様子が見られたら注意が必要です。

セキセイインコがビタミン不足になって現れる症状や、対策方法をご紹介します。

スポンサード リンク

セキセイインコのビタミン不足の症状

セキセイインコがビタミン不足になると現れる症状は、次のようなものがあります。

脚気(かっけ) ビタミンB1不足による病気です。ぐったりしていたり、飛ばない、足を引きずるなどの症状が見られたら脚気の疑いがあります。進行すると痙攣をおこし死亡してしまう怖い病気です。

未精製の穀類にはふつうビタミンB1が含まれますが、精製してしまうとビタミンB1をほとんど含みません。なので人間も白米を食べ始めた時代に脚気が大流行しましたよね。

・くる病、骨軟化症、成長不良、骨粗しょう症、骨折 これらの病気はカルシウム不足によっても起こりますが、同時にビタミンD3不足によるカルシウムの吸収障害によっても起こります。

セキセイインコのビタミン不足の対策

脚気(かっけ)

セキセイインコの雛に与えている餌を見直してみましょう。アワ玉だけだと、どうしてもビタミンB1が不足してしまいます。さらに、ビタミンB1は活動量の増加やストレスなどでも消耗しますが、巣立ちの頃になると運動量が増えるのでビタミンB1が不足しやすくなるのです。

なので、ビタミンB1を補給できるように若鳥用のペレットか、パウダーフードなどを与えましょう。セキセイインコの飲み水に混ぜるような液体タイプの栄養剤もあります。

・くる病、骨軟化症、成長不良、骨粗しょう症、骨折 紫外線を浴びることによって体内で作られるビタミンD3は、餌での補給というより適度に日光浴をさせることで防ぐことができます。太陽光の弱い冬には特に気を付けてあげてください。

一日15分を目安に日光浴させましょう。窓越しだと紫外線を通さないので意味がないといわれています。ビタミンDの合成には紫外線が必要です。なので外か網戸越しに日光浴させましょう。また、もし日光浴が難しければスパイラルライトがおすすめです。

スパイラルライトなら暑くなりにくいのでセキセイインコもぐったりしにくいでしょう。飼い鳥は紫外線が慢性的に不足状態だといわれています。スパイラルライトを使ったら、元気になって餌も良く食べるようになったというセキセイインコもいるようです。

スパイラルライトの使い方や注意点などはこちらの記事でご紹介していますのでぜひご覧ください。 sekiseiinko.hatenablog.com

スポンサード リンク

セキセイインコにビタミンが不足しやすい条件

ビタミン剤をあげていても、セキセイインコによってはなかなか回復しないということもあります。その時は、その子が特別体内でビタミンが不足しやすいと考えましょう。吸収不良か、消耗しやすいのかは分かりませんがビタミン剤を与える量については獣医さんに相談するといいでしょう。

セキセイインコビタミンB1不足になりやすい条件としては、次のようなものがありますので当てはまらないかどうかチェックしてみてください。

・糖質の多い果物や野菜などの食べ過ぎ(果物全般、かぼちゃなど) ・ストレス ・野菜不足、皮つき餌に偏った食事。皮つき餌は、ほとんどビタミンが含まれていません。

まとめ~セキセイインコとビタミン不足の症状・対策~

いかがでしたか。セキセイインコにビタミンが不足してしまうとこわい病気にかかってしまうんですね。

餌などを見直して、ビタミン不足にならないように、またミネラル不足にもならないように気を付けてあげましょう。

スポンサード リンク