セキセイインコの飼い方

セキセイインコの色の種類や性格、飼い方などセキセイインコについて幅広くご紹介します。

セキセイインコが鳴かなくなった。考えられる病気は?

セキセイインコは鳴かなくなったという場合、病気が原因の場合もあります。早めに獣医さんに診せたほうがいいでしょう。

セキセイインコはオスは特にやかましいくらい鳴く個体もいますよね。セキセイインコは声真似もするので、飼い主の言葉を真似したりして可愛いですが、いつの間にかぱったり鳴かなくなったというケースもあります。

鳴かないだけでなくじっとしているようになった、あまり活動的でなくなったという場合は何か病気が考えられます。セキセイインコは言葉で飼い主さんに体の不調を伝えることができません。

なのでセキセイインコが何らかの体調不良を抱えているときのサインとなる行動をご紹介します。次のような症状が見られたら、必ずどこかが不調なのだと考えましょう。

スポンサード リンク

セキセイインコが鳴かなくなった。セキセイインコの病気のサインは?

・以前に比べてあまり鳴かなくなった。 ・食欲が減った。餌をあまり食べなくなった。 ・羽を膨らませている。 ・いつもいない場所にいる。 ・行動に落ち着きがない。 ・変な姿勢になっている。 ・最近急に太ってきた。

セキセイインコにとっての2日~3日というのは、人間にとっては2週間~3週間以上にも相当します。なので、以上のような何らかの異常が見られたらすぐに獣医さんに相談した方がいいでしょう。

様子を見ているうちにセキセイインコの体調が圧下してしまうと大変です。獣医で身体検査、X線検査などいろいろな検査が行われます。そして病気を診断して、必要な治療が行われます。

セキセイインコが病気にかかると、どのような病気だとしても、初めのうちは鳴かなくなったり、食欲がなくなったりします。それからだんだん、羽を逆立てて膨らむ、鼻水を出す、下痢をするなどに進行していくようです。

羽を膨らませるのは羽の間に空気を含ませて保温しているのですね。なので保温してあげることも大切です。

スポンサード リンク

セキセイインコが鳴かなくなったのは寿命?

特別にこれといって病気ではなく寿命で弱っている場合も考えられますが、その場合は病院で栄養剤や抗生物質などが処方されるかもしれません。保温も大切だといわれています。

セキセイインコの寿命というのは、だいたい5年から15年くらいまでだといわれています。10歳とかになると、もう一日中元気がなく活動的でなくなってもおかしくない年頃です。

どちらにしても、寿命で自然に活力が衰えているとしても何かしら病気が隠れている場合も考えられるので獣医さんに診せた方がいいでしょう。

セキセイインコは自然に放されているセキセイインコは栄養失調にはならないといわれていますが、飼い鳥だとどうしても人工的な餌によって栄養の偏りが出てきてしまいます。

なのでビタミン不足やカルシウム不足など何らかの原因で病気になりやすいのですね。セキセイインコにはバランスの良い栄養の餌を与え、また人間の食べる味の濃い餌は絶対与えないように気を付けるというのもセキセイインコの健康管理にとって大切です。

まとめ~セキセイインコが鳴かなくなった。病気?

いかがでしたか。セキセイインコは鳴かなくなったり食欲が失せたり、何か府hだんと違った様子を見せたらそれは病気の兆候かもしれません。

セキセイインコにとっての時間の流れは人間よりも早いので、様子見せずに早め早めに獣医さんに診せて対策を取った方がいいでしょう。

スポンサード リンク