セキセイインコの飼い方

セキセイインコの色の種類や性格、飼い方などセキセイインコについて幅広くご紹介します。

セキセイインコの餌の栄養バランスを考えよう。

セキセイインコの餌の栄養バランスは大切ですよね。飼い主に餌を依存しているセキセイインコは、健康に過ごせるか病気にかかってしまうか飼い主の裁量に任せられているといっていいでしょう。野生のセキセイインコは栄養失調になることはまずないといわれています。

しかし、飼われているセキセイインコは餌の偏りによって卵詰まりやくる病、脚気、そのう炎などいろいろな病気にかかってしまうリスクが高いのです。なのでセキセイインコをお迎えするうえで、餌の栄養バランスについてしっかり勉強したいですね。

今回は、セキセイインコが栄養不足によってどんな病気にかかりやすいのか、また特にセキセイインコが気を付ける必要のある栄養についてご紹介します。

スポンサード リンク

栄養バランスを崩すとどんな病気にかかる?

卵詰まり・・・カルシウム不足や日光不足、運動不足、寒さなどで起こりやすいといわれています。メスのセキセイインコで、卵が自力で産卵できずに途中で詰まってしまう病気です。ウンチなどの排泄する場所と卵を産む場所が同じなので、早く卵詰まりの治療を受けさせないと死んでしまう確率が高いといわれています。カルシウム不足や、カルシウムの吸収に必要なビタミンDの生成不足(日光浴不足)、運動不足、室温の低すぎなどに注意しましょう。

くる病・・・くる病も、カルシウム不足による病気です。ボレー粉をエサに混ぜて日ごろからカルシウム不足にならないように気を付けましょう。また、カルシウム補給にえんどもありますが、えんどはナトリウム過多になりやすく、人によっては賛否が分かれて与えない方がいいといっている人たちもいます。ボレー粉や小松菜などの野菜からカルシウム補給をさせてあげましょう。

脚気・・・ビタミンB1不足で起こる病気です。日本人では、白米を食べだしてから流行った病気です。殻をむいた穀物にはビタミンB1が含まれていませんので不足しやすくなります。水に混ぜるタイプの栄養剤を使って、飲み水に混ぜて与えたりしましょう。

スポンサード リンク

セキセイインコが特に気を付ける必要がある栄養は?

カルシウム・・・普通のシードだけでは不足してしまいやすい栄養なので、ボレー粉や野菜を適度に取り入れて補給させましょう。特に、メスの場合は産卵によってカルシウムをたくさん消費します。カルシウム不足だと骨や卵の殻が軟化してしまって骨の病気や卵詰まりが起こりやすくなります。メスの産卵の時期には特にカルシウム不足に気を付けましょう。過剰症も危険ですが不足も危険です。

ビタミンB1・・・果物など糖質の多い食べ物をあまりたくさん与えると、ビタミンB1不足になりやすくなりますので注意しましょう。野菜や栄養剤などで補給させてあげましょう。

ビタミンD・・・カルシウム不足による病気の原因としてビタミンD不足も挙げられます。カルシウムが足りていても、ビタミンDが不足していると吸収が悪くなってしまうのです。ビタミンDは餌からというよりも日光浴の紫外線によって体内で合成されます。なので一日15分くらい日光浴させましょう。ただし、窓際だと窓ガラスが紫外線を通さないので意味がないといわれています。外か、網戸越しがいいですね。

そして、もし毎日日光浴させられない場合はスパイラルライトを使いましょう。爬虫類用のだと強すぎて目がやられてしまうといわれていますが、小鳥用のスパイラルライトを販売しているショップもあります。詳しくはこちらをご覧ください。

sekiseiinko.hatenablog.com

スポンサード リンク

セキセイインコの栄養バランスにはどんな餌がおすすめ?

シードだったら、ビタミンなどを特に副食で補強しなければ栄養失調にかかってしまう可能性が非常に高いといえます。

シード+ネクトンSなどがおすすめです。ネクトンSは、獣医さんもおすすめの栄養剤で、飲み水に垂らしてあげる液体タイプの栄養剤です。

シード+野菜+ボレー粉などもおすすめです。脚気の治療の時やなにかしらビタミンをより多く必要とする時、ビタミンの消耗が激しい時などはネクトンSの方がいいかもしれませんが、普段は野菜を与えてビタミンB1補給を心がけてもいいでしょう。

ペレットは、シードよりも栄養豊富でおすすめしている獣医さんも多いです。どのようなスタイルの餌をあげるにしても、必要な栄養をまんべんなく充分摂取できるようにさせてあげましょう。あまり栄養不足になると、フンを食べたり、飼い主さんの手をなめてミネラル補給しようとしたりといろいろな手段で栄養を取ろうと行動に出ることもあるようです。

スポンサード リンク

まとめ~セキセイインコの餌の栄養バランス~

いかがでしたか。セキセイインコは人間よりデリケートな生き物のため、こまめに餌でエネルギー補給しないとあっけなく弱ってしまって死んでしまったり、病気にかかった場合も進行が人間より早いです。

なので普段から栄養バランスのよい餌を食べさせてあげることを心がけることも大切ですが、もしセキセイインコが何か具合の悪そうな感じの様子が見られたら、様子見しているのは危険です。様子見せずになるべくすぐに獣医さんに診せて治療を施しましょう。

スポンサード リンク