セキセイインコの飼い方

セキセイインコの色の種類や性格、飼い方などセキセイインコについて幅広くご紹介します。

セキセイインコの雛の性別、見分け方は「鼻」?オス・メスの性格、病気のリスク

セキセイインコをお迎えするとき、雛の性別は鼻を見るとわかります。セキセイインコの鼻の色は基本的にメスはツヤのないカサカサした肌色っぽい色、オスは水色といわれています。

しかしセキセイインコの雛の性別の見分け方は、種類によっても違うようです。

ルチノーという全身が黄色いセキセイインコはオスでも鼻が水色になりません。つやのある美しいピンク色をしています。メスの場合はつやのないカサカサした色です。アルビノ、ハルクインもルチノーと同様にオスの鼻の色はつやのある綺麗なピンク色です。

スポンサード リンク

ただしセキセイインコのメスは、鼻の色が茶色になる時があります。発情期になると茶色になり、終わると元の鼻の色に戻ります。まあこれは、雛の性別を見分ける時には関係ないことですね。

セキセイインコのメスとオス、性格の違いなどもあるといわれていますから、どちらを飼いたいかによって雛の性別を見分ける必要がありますよね。雛の性別は、鼻の色を見ればいいということを覚えておいてください。

ところでセキセイインコのオスとメスにはどのような違いがあるのでしょうか。性格の違いと、病気リスクの違いについてご紹介したいと思います。

スポンサード リンク

セキセイインコのメスとオスの性格の違い

セキセイインコのメスとオスでは、性格も違うといわれています。雛のころはオスでもメスでもほとんど同じ性格です。

しかい成長するにつれ性格の違いが現れてきます。オスの場合は人懐っこい性格の個体が多いといわれています。

飼い主と積極的にコミュニケーションを図ろうとするのもオスです。セキセイインコとたくさん触れ合いたい飼い主さんにはオスのセキセイインコが向いているでしょう。

また、人のモノマネをしてよくしゃべるのもオスに多いといわれています。しかし、オスの場合は縄張り意識が強いので発情期になると攻撃的になったりキツイ性格になるセキセイインコも多いようです。

メスは、オスよりも鳴き声が静かで内向的です。メスの方が保守的な性格をしていて、セキセイインコといっぱい触れ合いたい飼い主さんとしては物足りなく感じてしまうかもしれません。

ただし、これはあくまでもそのような傾向があると一般的に言われているにすぎません。実際は、個体差によってかなり性格が違います。

メスのセキセイインコでも飼い主にべったりでよくおしゃべりするやかましいセキセイインコもいるようですよ。

スポンサード リンク

セキセイインコのメスとオスでの病気リスクの違い~

セキセイインコのメスとオスでは、将来的にかかりやすい病気も違います。治療費が思いのほかかかるというケースもありますので、その点も考えて選ぶといいでしょう。

セキセイインコのメスは、卵詰まりを起こすことが割とあります。卵詰まりはカルシウムなど栄養に気を付けてあげていたとしても、不運にも大きすぎる卵が形成されてしまったため起こることもあります。

その場合は卵を取り除く手術を受けさせないといけない場合があります。

オスの場合は精巣腫瘍のリスクがあります。抗がん剤が効くのは70パーセントくらいだといわれていますし、摘出手術はリスクが高くて途中で死んでしまうケースも多いといわれています。また自然療法で治ったというセキセイインコもいます。

また、メスのセキセイインコの場合もオスのセキセイインコの場合も、発情のしすぎは病気になってしまう可能性が高まるので適度に発情を抑えてあげる必要があります。

まとめ~セキセイインコの雛の性別の見分け方~

いかがでしたか。セキセイインコの雛のオス、メスの見分け方は鼻がポイントだということが分かりましたね。

セキセイインコをお迎えしようという人は、セキセイインコのオスとメスの性格の違いや将来的な病気リスクも考えて選ぶといいでしょう。

スポンサード リンク