セキセイインコの飼い方

セキセイインコの色の種類や性格、飼い方などセキセイインコについて幅広くご紹介します。

セキセイインコが寝てばかり。考えられる病気はクラミジア病?

セキセイインコが寝てばかりという場合、やはり病気ではないかと考えますよね。お年寄りになったセキセイインコは活動量も低下して寝てばかりになりがちになるのは自然なことかもしれませんが、急に寝てばかりで元気がない様子が見られる場合は何らかの病気や、寒いなどの原因が考えられます。

セキセイインコが寝てばかりというのはクラミジア病や甲状腺腫なども考えられます。体力を温存していたり、ホルモンの関係で活動量が低下してしまうのです。

ずっと寝てばかりというのは病気の中でも重い病気である可能性が高いのでいち早く獣医さんに診せることが大切です。今回はクラミジア病や甲状腺腫について、原因や治療法をご紹介します。

スポンサード リンク

セキセイインコが寝てばかり!クラミジア病の原因と症状・治療

セキセイインコが寝てばかりになることがある病気に、クラミジア病があります。クラミジア病はオウム病と呼ばれることもあり、人間にも感染しますので飼い主さんは注意が必要です。病原菌が原因で起こる感染症で、人間のオウム病の場合の症状は熱が出たり頭痛、寒気などの風邪のような症状が現れます。クラミジア病が進行すると、肝炎や脳炎なども起こり意識障害が起こることもあるので注意が必要です。

セキセイインコクラミジア病の症状は、寝てばかりになる、餌をあまり食べない、羽を膨らませる、下痢などが見られることがあります。

治療は、抗生物質の投薬によって行います。あまり難治性というわけではなく、治るのが割と簡単です。セキセイインコから移るのを予防するためには、セキセイインコと遊んだあと手を洗ったり、過度なスキンシップを避けるように注意しましょう。

スポンサード リンク

セキセイインコが寝てばかり!甲状腺腫の原因と症状・治療

セキセイインコが寝てばかりということがある病気には、甲状腺腫も考えられます。甲状腺の機能が低下すると、甲状腺ホルモンの分泌が減ってしまい活動量が低下して、寝てばかりなどの症状が現れるのです。

セキセイインコ甲状腺腫の原因は、慢性的なヨウ素不足や、甲状腺を阻害するゴイトリンという成分が多い野菜を与えるなどです。ボレー粉などでヨウ素を適度に補給させましょう。ボレー粉はカルシウム不足を予防するためによく使われる貝の粉ですが、ヨウ素も含有しています。

また、甲状腺を阻害するゴイトリンは大豆やキャベツなどアブラナ科の野菜に豊富に含まれています。なので普段あげている野菜を見直してみましょう。アブラナ科でも小松菜のようにセキセイインコに与えて大丈夫といわれている野菜もありますが、キャベツのようにセキセイインコには与えてはいけないといわれている野菜もありますね。

セキセイインコが食べて大丈夫な野菜と食べてはダメな野菜についてはこちらの記事で一覧をご紹介していますのでお時間のある時にご確認ください。

sekiseiinko.hatenablog.com

スポンサード リンク

まとめ~セキセイインコが寝てばかり!で考えられる病気~

いかがでしたか。セキセイインコは具合が悪いと体力温存のためにじっとして寝てばかりになることが多いようですね。体に問題はなくても単に眠いから寝てばかりいるという可能性もありますが、もし病気なら他にも羽を膨らませるとか、糞の様子とか食欲とかなにかしら病気の兆候が見られるはずです。

セキセイインコが寝てばかりになるということは病気としては結構深刻なので早く獣医さんに診せて検査と治療を受けさせましょう。

スポンサード リンク