セキセイインコの飼い方

セキセイインコの色の種類や性格、飼い方などセキセイインコについて幅広くご紹介します。

セキセイインコが足の爪を噛む原因・対策

セキセイインコが足の爪を自分で噛むという光景は、見ていて痛々しく思えますよね。

いったいなぜセキセイインコは足の爪を噛むのでしょうか。何か病気が隠れているのでしょうか。

セキセイインコが足の爪を自分で噛むという症状の、考えられる原因と対策方法をご紹介します。

スポンサード リンク

セキセイインコが足の爪を噛む原因は退屈?

セキセイインコが頻繁に足の爪を噛むのは退屈かもしれないといわれています。

セキセイインコにとって退屈な時間があると、自分の羽を引っこ抜いてしまう毛引き症や、食べたものを吐き戻してmた食べるなどの症状が現れる原因になります。足の爪を噛むというのも、似たようなものではないでしょうか。

また、セキセイインコの場合は睡眠不足によるストレスでもこのような毛引き症などが起こる場合があります。

セキセイインコに必要な睡眠時間は12時間くらいだといわれていますが、しかし飼育下にあるセキセイインコの平均睡眠時間は8時間くらいしか取れていないといわれています。

セキセイインコは人間に合わせて夜遅くまで起きているということが多いですよね。本来野生のセキセイインコだと日が暮れて暗くなるともう睡眠モードに入ります。セキセイインコのような敵に狙われやすい小鳥は、敵の気配に気づけるように眠りが浅いのです。なので人間よりも長時間の睡眠を必要とするのですね。

スポンサード リンク

なので夜は早めにケージを暗くしてあげて、静かな環境においてあげるといいでしょう。そして朝は日の光によって自然と目覚められる環境にしてあげるとセキセイインコの体内リズムを整えてあげることができます。

こうすることで、日中起きている活動時間が必要以上に長くなることがなく、発情過多を防ぐこともできます。

セキセイインコが発情過多になると健康に問題が生じますから、抑えようと努力している飼い主サインもいらっしゃることでしょう。発情過多を抑えるには、夜早めに寝かせるというのが効果的です。

セキセイインコは昼間の時間が長くなる春や夏に発情を迎えるのが普通で、一定時間以上の活動時間になると発情するといわれています。

なので、なるべく冬など日の短い時間がある野生下の環境と同じように、夜早めに寝かせるようにすると発情を抑えられるのです。

スポンサード リンク

セキセイインコが足の爪を噛む対策

セキセイインコが退屈しているようなら、新しいおもちゃやフォージングセキセイインコの暇な時間を減らしてあげましょう。

足の爪を噛むということは、かじるのが好き系のセキセイインコさんかもしれませんね。

セキセイインコによって好きな遊びは様々ですが、もしかじるのが好きなセキセイインコなら割り箸などかじれるおもちゃを与えてあげるといいでしょう。

セキセイインコの喜ぶ遊びについてはこちらの記事でご紹介しましたので、ぜひご参照ください。

sekiseiinko.hatenablog.com

スポンサード リンク

また、餌を工夫して得るというフォージングセキセイインコにとって楽しい遊びになるでしょう。野生のセキセイインコは餌を探しながら食べるのに8時間あまりも費やしているといわれています。それに比べると、実に短時間で簡単に餌を得られてしまい、ある意味面白みがないのが飼育下のセキセイインコですね。

セキセイインコは同じ餌だとしても、餌入れに入っているのよりも床など平らなところに置いてある餌をついばむ方が好きだということも分かっています(個体差があるかもしれませんが)。なので、より自然の環境に近い状態で手に入る餌の方が好きなんでしょうね。

そんなセキセイインコに大人気なのが粟穂です。セキセイインコは細長い餌も好きなようで、細長い餌は楽しく食べます。野菜なんかも細長く切ると喜びます。

また、セキセイインコの好奇心を刺激して餌を手に入れさせるように、餌を野菜の葉っぱで隠したり、紙に包んだりしてみるというフォージングがあります。これについては体力の落ちているセキセイインコに行うと危険だったり、いくつか注意点がありますので詳しくはこちらの記事でご確認ください。

sekiseiinko.hatenablog.com

まとめ~セキセイインコが足の爪を噛む原因・対策~

いかがでしたか。セキセイインコが爪を噛んで引っ張るのは見ていて痛々しい感じがしますが、退屈やストレスが原因ならおもちゃやフォージングや睡眠時間などを調節してみてください。

もし噛みすぎて足の爪から血が出たら片栗粉や小麦粉を当てて止血しましょう。線香で一瞬焼いても止血できます。セキセイインコ用の止血剤も販売されています。

セキセイインコは数滴の出血で命にかかわるといわれているので出血に気が付いたらなるべく早く止血しましょう。

スポンサード リンク