セキセイインコの飼い方

セキセイインコの色の種類や性格、飼い方などセキセイインコについて幅広くご紹介します。

セキセイインコが飛ぶのは1ヶ月から?飛ぶのが下手でぶつかる原因

セキセイインコの雛は、いつごろから飛ぶ練習を始めるのでしょうか。また、いきなり部屋に放鳥すると飛ぶのが下手で壁や家具などに猛スピードでぶつかることもあります。

セキセイインコにとって壁にぶつかることは羽を折ってしまったり命を落としてしまうことも。セキセイインコがなるべく安全に飛ぶための対策をご紹介します。

スポンサード リンク

セキセイインコが飛ぶ時期は1ヶ月から?

セキセイインコは空を飛ぶようになるのは生後一か月過ぎくらいからで、初めはうまく飛べないセキセイインコも多いですが飛ぶ練習をするうちにだんだんうまく飛ぶようになります。

飛ぶのが下手なセキセイインコもいてそのようなセキセイインコは羽を折ってしまうこともしばしば 原因は肥満かもしれないし、目が悪いという子や脳の神経の疾患があるセキセイインコも良く壁にぶつかることがあるようです。

特にルチノーやアルビノなどの赤目のセキセイインコは目がもともと弱い方だといわれているので、壁を見分けるのが困難でよく壁にぶつかりそうになることが多いといわれています。個体差もありますし、ルチノーでも飛ぶのが上手いセキセイインコもいますしルチノーでなくても飛ぶのが下手なセキセイインコもいますので一概には言えません

また、白内障などで目が見えないセキセイインコの場合は放鳥すると危険なので放鳥しない方がいいといわれています。もともと臆病なセキセイインコは目が見えない状況で放鳥するとパニックを起こすこともあります。

  脳の神経に異常がある場合はたびたび壁にぶつかったり、発作を起こして暴れたり挙動がおかしかったりという様子が見られます。獣医さんに診せに行って検査や治療を受けることも大切です。

スポンサード リンク

セキセイインコが飛ぶのは3ヶ月くらいが理想?

しかしまだ幼鳥のセキセイインコは飛ぶのも下手ですが状況判断能力が低いため壁にぶつかったりしてしまうという意見もあり、安全に飛ばせるためには3ヵ月くらいまではケージの中で育て、助教判断能力や筋力を成長させておくとケガをするリスクが低くなるといわれています。

雛のセキセイインコはぷらケースの中でバタバタ羽ばたきして飛ぶ練習をするようになったら、挿し餌の回数を減らす目安でもあります。セキセイインコの成長が感じられますね。しかしセキセイインコは飼い主さんが思っている以上に野性味の強い生き物です。なのであまり飛ぶとセキセイインコとしての本能が目覚めてきてしまい、あまり飼い主さんに馴れなくなる、いうことを聞かなくなるといわれています。

ケージに戻ってこなかったりなど、セキセイインコが飛ぶようになると生き物としての本能が引き出されてしまうようです。なのでいつまでも人間との距離が近い可愛い飼い鳥のセキセイインコとして育てるにはあまり飛び回らせない方がいいという意見があります。

なのでクリッピング(羽切り)を適度にして飛ぶ能力を落とすというのを選択する飼い主さんもいます。クリッピングについては賛否両論あり、セキセイインコの性格の個体差によってや切り方によっても良い結果になることもあれば悪い結果になることもあります。クリッピング(羽切り)についてはこちらで詳しくご紹介してしますのでご参照ください。

sekiseiinko.hatenablog.com

スポンサード リンク

セキセイインコを放鳥させていたら、ある時期から放鳥の時にセキセイインコが興奮状態に陥り、ものすごく高速でビュンビュン飛ぶようになったという事例もあります。これも飛ぶうちに本能が目覚めてきたのかもしれません。

セキセイインコが飛ぶときに声を出すのはどんな意味?

飛ぶときにセキセイインコが声を出すことがありますね。「ギャギャギャ!」などまるで怪鳥みたいな鳴き声を立てながら飛ぶこともあります。

ギャギャギャと鳴くのは一般的には警戒している時の鳴き声だといわれているので、何かに恐怖を抱いたりびっくりしている可能性があります。セキセイインコは臆病で環境の変化などにひどく怯えることがありますので、放鳥で広い部屋の中に出されることに馴れていない可能性もあります。

しかしセキセイインコは楽しい時や何か飼い主さんに欲求している時もギャギャギャと鳴くことがあります。セキセイインコによって感情表現はいろいろなので、鳴き声だけでセキセイインコの気分を見極めるのは難しいですね。しかし同じ鳴き声だとしても顔の表情や全体的な行動でセキセイインコの気分も分かってくることでしょう。

まとめ~セキセイインコが飛ぶ時期・飛ぶのが下手でぶつかる原因~

いかがでしたか。セキセイインコは飛ぶのは1ヶ月くらいからだといわれていますが、ねんのため筋力や状況判断力を付けさせてから3ヶ月くらいになってから飛ぶようにした方がいいかもしれませんね。

また、あまり飛ばないようにクリッピングもメリットとデメリットを確認したうえで視野に入れてみてください。

スポンサード リンク