セキセイインコの飼い方

セキセイインコの色の種類や性格、飼い方などセキセイインコについて幅広くご紹介します。

セキセイインコを飼う時、準備するものや病気を予防する方法

セキセイインコを飼うというとき、準備するものや、病気にしないための除菌などについてご紹介します。

セキセイインコを飼うなら、まず基本のケージなどから、通院の時のキャリーケースなど揃えなければいけませんよね。

そればかりではなくて、除菌などあらかじめしておかないと、セキセイインコが病気にかかるリスクも上がってしまうでしょう。

セキセイインコを飼う時に必要な物や準備についてご紹介します。

スポンサード リンク

セキセイインコを飼う時の準備

ケージ

雛の頃はまだケージでなくてプラケースですが、いずれケージも必要になりますね。

ケージは、高さが40センチ以上、広さは35平方センチメートル以上は必要です。

狭いケージではセキセイインコがストレスに感じるので、2羽や3羽などで飼う場合は少し余裕を持って広めのケージにしましょう。

ちなみに、セキセイインコ同士なら同じケージで良いですが、他のオカメインコとかコザクラインコとかは同じケージに入れてはいけません。

強い方のインコが弱い方のインコをいじめることがありますからね。

ケージの素材は、ステンレス製が良いでしょう。塗装されていないものを選んでください。かじって飲み込む恐れがあります。

プラケース

雛の場合はまずこちらですね。止まり木に止まれませんから。掃除のしやすいものを選びましょう。

昆虫飼育用のプラケースで大丈夫です。底には紙を敷きましょう。キッチンペーパーなど。

スポンサード リンク

保温器具

フィルムヒーターというのがあります。やけどしないくらいに程よく温まるのでおすすめです。

普通の保温器具は、過熱になり火傷するかもしれないので注意しましょうサーモスタットと併用して、温度計も使ってプラケースやケージの温度を定期的に確認しましょう。

雛のセキセイインコの餌は、まず粟玉とかですが、餌が変わると食べてくれないこともあるのでペットショップでどの餌を与えていたか聞いて、同じものを購入しましょう。

餌を与えるための器具についても、同じものをなるべく揃えましょう。

キャリーケース

通院に必要です。定期的に健康診断を受けさせましょう。

また、具合の悪い時はすぐに鳥の病院で診てもらいましょう。

セキセイインコは進行が早いですからね。セキセイインコにとっての1日は人にとっての1週間くらいのスピードで過ぎていきます。

止まり木

止まり木は、なるべく自然の木のように止まる太さが違うものを2本用意しましょう。

止まり木によっては曲がりくねっていていろんな刺激が足に伝わるのもあります。そういうのもおすすめです。

適切な太さは、セキセイインコの足で掴んだ時に、足の指が開きすぎず、くっつかないちょうど真ん中くらいの程よく指が離れる太さがおすすめです。

自然木を拾ってきても良いですが、セキセイインコにとっては毒になる植物もあるので気を付けましょう。

また、除菌も必要ですね。

スポンサード リンク

栄養剤

セキセイインコの場合、栄養剤があれば羽の生え変わりの時や、ちょっとぐあいがわるそうなときなどビタミンを強化すれば随分調子が良くなります。

セキセイインコが病気にならないための予防と、治療に役立つので栄養剤は水に溶かして与えるタイプなど用意しておきましょう。

セキセイインコの病気を予防するために

まず、止まり木や、プラケース、ケージなどセキセイインコが触れるものはすべて熱湯消毒しておきましょう。

アルコール消毒も良いですが、アルコール以外の余計な成分が入っていない消毒用エタノールが良いでしょう。また、アルコールを吸わないようにしないとセキセイインコが酔っ払ってしまいますので気を付けましょう。

また、セキセイインコは親鳥からもらってしまった病原菌などを保有していることがあります。

なので、もし心配なら早めに獣医さんに診てもらって駆除しておきましょう。

特に、何羽か先住のセキセイインコがいる場合は、糞を介して移ることがあるので、検査を受けさせたほうが良いでしょうね。特にお年寄りのセキセイインコが家にいる場合気を付けましょう。

スポンサード リンク

まとめ〜セキセイインコを飼うときの準備〜

セキセイインコを飼う時の準備するものや、病気を予防する方法についてご紹介しました。

セキセイインコを飼うなら、快適に過ごしてもらえるように準備は万全にしておいてあげたいですね。

セキセイインコを飼うなら、他にも保温や睡眠時間や餌や発情対策などいろいろたくさん気を配ることはありますね。

他の記事も是非参照していただければと思います。

スポンサード リンク