セキセイインコの飼い方

セキセイインコの色の種類や性格、飼い方などセキセイインコについて幅広くご紹介します。

セキセイインコの卵の数は何個?大きさは?

今回は、セキセイインコの卵の数や大きさについてご紹介します。

セキセイインコはいつの間にか発情期を迎えていて、いつの間にか無精卵を作り産むことがあるので、いきなりの産卵にまごついてしまう飼い主さんも多いことでしょう。

セキセイインコの産卵の疑問について詳しく確認して行きましょう。

スポンサード リンク

セキセイインコの卵の大きさや色

無精卵はざらついた表面で、色については透明という意見もありますし白く濁るという意見もあります。しかし血管など見えないのが特徴です。

有精卵は殻が柔らかい感じで光に透かしてみると血管のようなものが見えるといわれています。

セキセイインコの卵の大きさは、10円サイズくらいのものや、小さい卵では1センチくらいのものもあります。体に似合わずでっかい卵を産んでしまうセキセイインコもいて、卵詰まりになることもあるようです。

卵詰まりになったら危ないので、産卵は順調にいっているか見守りましょう。

卵の数

決まった数ピシッと産むわけではありません。卵の大きさも結構まちまちですから、その時によって卵の産む数は違ってくるでしょう。

でも、セキセイインコは本能で、自分の体で抱えて温められるくらいの数になるまで卵を産んでいきます。

もし、産卵の途中で卵を飼い主さんが取り上げたりすると、足りない分をさらに産み足します。

スポンサード リンク

そうすると、卵の数を多く産ませてしまうことになりますよね。それはセキセイインコの体に負担になってしまいます。だんだん、卵の殻を作り出すためのカルシウムも不足していってしまうでしょう。

カルシウムが不足するとどうなるでしょうか。カルシウム不足で、卵の殻がしっかり固く形成されません。固い卵の殻は、ツルンと産めます。しかし、柔らかい卵の殻だとツルンと産めずに卵詰まりを起こしてしまうのです。

なのて、卵詰まりを起こさないように、カルシウム補給を心がけさせることと、さらに卵をなるべく少なく産むように卵を取り上げない、そしてもし雛が欲しくて繁殖目的の有精卵を産ませるのでなければ、偽卵を使って無精卵の産む数を少なくさせるという工夫も取り入れてみてください。

偽卵は、どのように使うかというと、セキセイインコが自分の体に抱えられる数だけ卵を生むという習性を利用して、本物の卵の中に少しずつバレないように偽卵を混ぜていき、セキセイインコが産む卵の数を減らすという作戦です。

これにより、セキセイインコの母鳥の体の負担を減らすことができるというわけですね。

スポンサード リンク

まとめ〜セキセイインコの卵の数と大きさ〜

セキセイインコの、卵の数と大きさについてご紹介しました。

セキセイインコの卵は、巣箱を普段用意しているわけではない人も多いので、いつの間にか床に白い小さな卵がぽとんと落ちていることもあり、びっくりすることもありますよね。

可愛いセキセイインコの卵ですが、無精卵ならセキセイインコが抱卵を拒否した後に処分しましょう。

ちなみに、産む卵の数がしっかりきっかり決まっている生き物というのは、身近なところでヤモリがいます。

ヤモリは、2この卵を産むようです。最初喉らへんにある卵が、だんだん下っていって生まれるみたいですよ。ピンクの可愛い卵です。

ヤモリは苦手な人もいるかもしれませんね。もし苦手だったらごめんなさい。

スポンサード リンク